NO OTHERS DO. JETBULLS AIRLINE

Now loading...

NO OTHER DO. 誰もしようとしないをつくる。

お問い合わせはこちら

Jetbulls

わたしたちはLPで世界一を目指す
クリエイティブ集団です。
JETBUULSメンバー紹介
最高のクリエイティブ集団が集結
JETBUULSメンバー
多様なオプションで
オリジナルのクリエイティブを作成

イラスト・漫画制作

イラストや漫画は日本が生んだ素晴らしい文化です。ランディングページに漫画を追加するだけで難しい説明を簡単に伝えることが可能ですし反応率が上がる傾向にあります。しかし、漫画やイラストを間違った方法で取り入れてしまうとブランドイメージを低下させてしまう恐れがございます。JETBULLSでもキャラクター制作や漫画制作のディレクションを行っておりますが、ブランドイメージや競争戦略に配慮しながら制作いたしますので心配は無用です。

写真撮影・キービジュアル作成

タレントやモデルを起用した広告用のイメージを制作するための写真撮影を行います。素材などを使用してある程度のクリエイティブを制作することは可能ですが、オリジナリティや細部の表現することは不可能です。キービジュアルを制作することによって。ホームページやバナーなどインターネット上はもちろん、ブランドを体現するSPにも使用することが可能です。統一性のあるオリジナルのキービジュアルを使うことでブランドを構築することができます。

ブランドサイトの制作

ランディングページだけでは解決できない壁にぶつかる時があります。それは中規模?大規模の市場でリーダーを狙いにいく場合に問題が表面化します。そんなときにブランドのクリエイティブチェンジという経営判断が必要になります。多くの企業がクリエイティブの力で強みを増したように、ユーザーがそのブランドに持っているイメージを一気に刷新する必要があります。この戦略的なクリエイティブの変更はビックインパクトを与えることになるでしょう。

CI/VI制作 ネーミング/コピーライティング開発

JETBULLSの強みは「コンセプトメイキング」にあります。企業が抱えた問題を新しい切り口で解決するために、競合や市場、顧客ニーズ、企業のビジョンやミッションを元にマーケティング戦略に添ってロゴやスローガン、コピーライティングとして具現化します。そうして具現化したものは、商品やサービスをうけるユーザーにだけではなく、これから入社してくる社員に対しても効果的です。ロゴやシンボルは企業の行き先を示す「旗(フラッグ)」であり、人が集まるためのシンボルなのです。

動画制作/取材インタビュー

動画は漫画と同じくテキストでは表現できないものを訴求することができます。また一度作った動画WEB上だけではなく、プレゼンテーションやお客様への提案の際にも活用することができます。撮影での動画撮影はもちろん、グラフィックを活用したアニメーション動画も海外ではよくプロモーションに使われております。静止画では伝わらないあなたの想いを動画で伝えれば今以上の効果を得ることができるでしょう。

パッケージ制作

BtoC商品である一定以上の売上を出しているブランドの場合、次にしなければならないのは「価格のUP」もしくは「顧客数の増加」です。そうなるとLPよりも重要なものが「商品自体のブランディング」となります。ブランドとはユーザーからの「知覚」であり、その判断の大部分が五感で感じ取れる「感覚(センス)」に集約されます。商品に対する顧客の「知覚」を変えることによって「価格」と「集客数」を増やすことがパッケージ制作の本当の狙いです。

CG/CG動画制作

CGを活用することであなたのブランドの世界観を創り出すことが可能です。差別化する際にタレント、モデル、キャラクターなどがありましたが、最近ではCGを活用した表現方法も増えております。オリジナルのキャラクターでもオリジナルの空間などを制作しても面白いかもしれません。

CLICK TALEの導入

Click Taleとは「マウスの録画」「ヒートマップ」「注目度」「マウスの到達度」「リンク解析」などWEB解析における優れた機能を持ち合わせたツールになります。ツールはすべて英語ですが、JETBULLSの社員の大半は海外大学に留学しているため正確なサポートをすることが可能です。アメリカでは既に多くの企業が導入しているツールを使ってJETBULLSのクリエイティブチェンジでの反応率を数値化して最適化していきます。

Facebookでのプロモーション

JETBULLSのFacebookファン数は日本の「WEBマーケティング会社」「WEBコンサルティング会社」「WEB制作会社」「デザイン会社」の中でもNo.1のファン数です。面白い企画とランディングページの組み合わせれば、小さなブランドでも大きなPR効果のあるプロモーションを実施することが可能です。JETBULLSではアプリの開発やランディングページの制作、Facebookのコンサルティングも子なっております。

売上効果を数値化することは
デザイン会社にはない強みです
  • 事例01 - トップを目指す最強のチャレンジャーとしての正面攻撃

    サッカー日本代表の本田圭佑選手がSBC新宿近視クリニックでレーシックの手術をうけるということで、本田選手を起用したマーケティング戦略、コンセプトメイキング、コピーライティング、キャンペーン用のLP制作を担当しました。常にトップを目指す本田選手とレーシック業界のNo.1を目指すSBC新宿近視クリニックの共通点をコンセプトとしてチェレンジャーのポジショニングを確立しました。またキャンペーンページのトンマナを高級感あるデザインへ変更いたしました。

  • 高級感とモダンさを合わせたクリエイティブチェンジ

    現HPや前LPページのデザインを刷新しました。デザイン性を生かしつつ、キャンペーンでの訴求や数字も落とさないようにサイトのグランドデザインを制作。また各医院の眼科専門医の撮影を実施。過剰な多店舗展開で手術の質が落ちる事を懸念した安田院長の想いをセルフブランディングで表現。一人一人の医師にこだわり、質の高い治療を心がけていることをアピールしました。本田圭佑選手のブランド力もありお問い合わせは一気に上昇。破竹の勢いでリーダーに迫っております。

    Client: SBC SHINJUKU LASIK CLINIC
    URL: http://sbcsbc.jp/
    Credit: AD GENKI / Design KAISE
  • クリエイティブチェンジで市場リーダー迫る

    木下優樹菜さんが結婚式の引き出物にしたり、楽天総合一位を獲得したりと何かと話題が尽きない、エイジングケアもできるマスカラ「もてますカラ」のクリエイティブチェンジのお手伝いをさせていただきました。マーケティング戦略をJETBULLSのTAJIMAを、アートディレクターにDONGURIのミナベトモミ氏を起用し、キャンペーン感の強いサイトから市場のリーダーを目指すために、コンセプトのある感性のよいサイトづくりを心がけました。

  • 高級感とモダンさを合わせたクリエイティブチェンジ

    Little Witch様のプロモーションでは、ブランドサイトとキャンペーンLPを2つに分けて制作。また、キャンペーンLPをFacebookの中に作成。ユーザー参加型の商品開発の企画やアンケートやイベントなどを実施、現在ではファンが1万人も集まるFacebookページとなりました。マスカラというのはニーズが高いものではなく、情報を得る場所は店舗やCM、雑誌などのPRが限定されていましたが、Facebook上にて効率的に新商品のPRを行うことによって競合が見えていない層にアプローチできました。

    Client: Little Witch
    URL: http://little-witch.com/
    Credit: AD MINABE TOMOMI
  • ポジショニング戦略を重視したハイブランドの構築

    THE PPNはパワーリフティング日本一位の阿久津貴史選手が独自のブレンドで配合したサプリメントブランド。アミノ酸よりも吸収力の早い「ペプチド」を強みに商品を展開。大手ブランドでは実現できない価格設定を可能にした。普通であればアスリートや格闘家をKEY VISUALとして起用するが、THE PPNは動物を起用した。商品ごとの性質を動物の特徴と比喩したPR表現でランディングページを作成。PPC広告なしでも売上が伸びるほど好調だ。

  • 強さとビジネス感を訴求したクリエイティブチェンジでニッチに攻める

    競合の企業規模やリソースの違いなどから、正面攻撃をしても敵わないことをマーケティングレポートで判明。そのため側面攻撃やゲリラ攻撃で攻める戦略に変更。クリエイティブも動物を起用して直接対決しないようにした。またターゲット顧客をビジネス層に設定し、お客様の声もスーツ姿で掲載するなど、他社との差別化を計っている。また、PPNではネーミング、CI/VIパッケージデザインなどからブランドを刷新。
    「妥協しない生き方」というコンセプト及びスローガンをつくり全体的なブランドをプロデュースしました。

    Client: THE PPN
    URL: http://theppn.jp/lp/
    Credit: AD GENKI / DESIGNER SERGIO
  • 事例04 - 設立2年で年商8,000万円の結果をだした原動力

    TAXGYM渡邉勝也会計事務所のランディングページを2年間に渡って担当させていただいております。所長の渡邉先生のセルフブランディングからビジョン・ミッション、PR広告のコンセプトメイキング、ロゴなどのCI/VIをトータルで担当して2年間のうちに税務調査と節税というビッグワードで市場でも注目される税理士へ。税理士という激戦の飽和したマーケットで圧倒的なポジショニングを確立することができました。

  • 強さとビジネス感を訴求したクリエイティブチェンジでニッチに攻める

    TAXGYMが提供している「税務調査」のランディングページは、税務調査の通知がきたエンドユーザーに非常に重宝されるページなりました。情報商材のような怪しいランディングページではなくて、信頼性とビジョンを打ち出し、はじめてサイトに訪問したユーザーに対しても分かりやすい内容としました。また、サービスを税務調査に絞ることによって、税務調査に関する情報やメディア掲載なども増加し、競争内での強みをさらに強固なものとしております。これに続き、飲食専門の税理士という新しい切り口でサイトを作成。新しい市場カテゴリーでキャッシュカウをつくる予定です。

    Client: THE PPN
    URL: http://taxgym.jp/
    Credit: AD GENKI / DESIGNER SERGIO
WEB制作会社にはできない
アートディレクションが強みです

海外の解析ツールでアートとマーケティングを確証する

JETBULLS AIRLINEのスタッフの半数以上は海外大学卒業生。そのため海外のWEBマーケティングツールを活用したPDCAの提案などもおこなっております。制作したページの実際の反応を得るために分析と解析をすることができます。海外のツールなので、日本の1/10のコストでヒートマップなどの検証ツールを活用することが可能。これも一般的なデザイン会社にはない「アートの数値化して検証する」JETBULLSの強みなのです。

アートディレクターによるクリエイティブディレクション

この時代にデザインが重要になってきたということは優秀な経営者なら肌で感じているはずです。しかし、マーケティングや経営理論を理解しているアートディレクターは数少なく、存在したとしてもいわゆるナショナルクライアントの仕事を手がけている場合が多い。かといって普通のWEBデザイン会社にデザインを依頼しても高いレベルのデザインは出てこない。逆にある程度アートディレクションができるデザインを依頼してもデザインが綺麗になっただけで数字がついてこない。
JETBULLSではマーケティング理論をベースとしたクリエイティブディレクションをおこなうことで、これらのジレンマを解決します。マーケティングレポートを見つけた問題をアートの力で変える。それが「クリエイティブチェンジ」なのです。

競争戦略論を駆使したマーケティングレポートを作成

現状分析をおこなった後にまずはどこが「問題」なのかを見つけます。独自のマーケティングレポートでは競合分析やニーズ分析、ポジショニング分析などを調査し、現状のマーケティング戦略上での一番大きな問題点を発見いたします。問題をあぶり出せば、今後どのようコピーや訴求にしていくのかどのような強みを作ることにシフトしていくのかなど具体的な企画を立てることができます。競争戦略論を考慮した問題の発見&企画がJETBULLSの最大の強みなのです。

飛び抜けたクリエイティブで
他社と圧倒的な差別化を実現。
  • ランディングページ制作で世界一を目指す架空の航空会社

    世の中にはもっとデザイン性と戦略性のあるランディングページが必要だ。この想いからJETBULLS AIRLINEは誕生しました。多くのランディングページは訴求力を重視するため、デザインが悪くなってしまう傾向にあります。また、顧客のニーズや反応を重視するため、競争戦略としての「他社との違い」を訴求できていない状態がほとんどなのです。JETBULLSはそれらをすべて満たす広告PRを制作する世界一のクリエイティブカンパニーを目指します。

  • ランディングページ制作で世界一を目指す架空の航空会社

    誰もしようとしないをする

    NO OTHER DO. (誰もしようとしないをする)
    これがJETBULLS AIRLINEのスローガンです。
    ランディングページ制作を詰めていくと
    いくらマイナーチェンジをしても、PDCAを早く回しても
    解決できない問題に遭遇します。

    私たちはその状況をも突破するために胸像戦略を考慮したクリエイティブを制作することを心がけています。

    お客様への提案/企画をする際もデザインをする際も今までの広告業界にはなかったアプローチで制作します。
    誰もしようとしなかったことが競争力を高め、だれもマネできない強みへと発展します。

    それがJETBULLSが目指す理想像なのです。

  • 会社概要

    社名 JETBULLS AIRLINE by BEES&HONEY CO.LTD
    設立 2010年1月10日
    所在地 TOKYO HEADQUARTERS
    東京都渋谷区千駄ヶ谷 4-27-1
    JINGUGAIEN BUILDING 5F
    事業内容 JETBULLS AIRLINEの運営 アートディレクション / ランディングページの企画 / マーケティング戦略の構築 / ネーミング開発 / CI/VIの開発 / WEBサイトのディレクション / マーケティングディレクション / WEBマーケティングディレクション
    代表 GENKI LEE / 田島智也 / 足立哲真